HOME

 

 


今各家庭でお使いの電化製品の電力消費量の割合を示したものが右のグラフです。エアコン、冷蔵庫は大きなウエイトを占めています。既に新しいタイプに切り替わっていますか。

その次が照明器具です。特に電球は電気を多く必要とします。蛍光灯でも同じ明るさなのにより低消費電力の製品が多くのメーカーから発売されています。

また、企業では照明に使用する電力量のウエイトが多くなります。
ISO14000を取得されている企業の皆様では、削減目標を設定する上で重要なポイントです。


 
 


左の例は 1)玄関ロビー,2)エントランス,3)会議室,4)廊下・階段,5)トイレ・ロッカー,6)駐車場・外灯などオフィスの見直しポイントを示しています。


 パナソニック電工の「あかりのエコアイディア」でご検討ください。

 (クリックするとパナソニック電工のページにジャンプします。)

例えば、店舗、診療所などでは飾り棚などに電球を多くしています。
60Wの電球を60W相当の蛍光管(約12W)にすることで電気代を約1/5、発熱量を1/5に抑えることができます。
さらにLEDにすると更なる省エネをすることができます。


アサヒ電気は、お客様の見直し作業のお手伝いをいたします。
同時に、年間の電気使用量削減計画、お見積もりをいたします。
また、ご要望に応じて住宅、工場、店舗などの使用電力量の調査もいたします。(左図は住宅の調査例)

また、ランプのサンプルも準備しています。
お使いの電球から交換できる蛍光管、LEDなど各種あります。
お気軽にご相談ください。


 
ページトップへ